より良い筋肉作りのためのトレーニングサイト
GO!フィットネス

ウォームアップ
ウォームアップには色々な種類がありますが、ここではブラジル体操といウォームアップを紹介してみようと思います。ブラジルというぐらいですから、元はサッカーで取り入れられたウォームアップなんだそうです。学生時代にサッカー部に所属していた人やサッカーに詳しい方なら一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。

▼ ウォームアップはできるだけ広い場所でやりましょう。このウォームアップは、ある程度動く必要があるので、狭すぎる場所だと思うようにできなくなってしまうことがあります。

▼ ウォームアップのはあくまで体を暖めるための運動です。激しく行ったりしないようにした方がよいと思います。

▼ 一回では体が充分に温まらないかもしれないので、自分の体に合わせて何回行うかを決めてするほうが良いでしょう。

◆ ランニング

ウォームアップの基本とも言われているランニングです。ブラジル体操の場合は通常のランニングと少し違い、できるだけももを高く上げてみたり、ランニングしながら手を回してみたりするそうです。全身を暖めることを意識しながら色々やってみましょう。以下にランニングしながら取り入れていくとよいといわれている動作を紹介します。

 

ランニングしながら上げた足のかかとを跳ね上げる感じで上げてみるのもよいかもしれません。先ほどのももを高く上げた時の逆な感じでやってみましょう。
通常よりも少しゆっくりランニングしながら、足の内側を上げて、上げた方と反対の手で、足の土踏まずに軽くタッチするようにしてみましょう。
これは面白いと思った方法ですが、後ろ向きにランニングします。そのときもももを高く上げてみたり、腕を回したりと、全身のウォームアップを意識しながら行うことで効率がよくなるのではないでしょうか。また、このウォームアップを集団で行っていると、必ずと言っていいほど調子に乗って早めにランニングする人が出てきます(笑)大概は後ろ(進行方向からすると前?・・・ややこしいですね。)の人に「ちょwwwおまwwwwww早すぎ!」って怒られるか、そのまま後ろに転んでしまうという結末が待っています。あまり調子に乗り過ぎないように気をつけましょう。
上記で上げたウォームアップをいくつか組み合わせて行うとより効果的だといわれているので、自分が楽しみながら全身を暖めることができる組み合わせを捜してみるのもいいと思います。

◆ スキップ

スキップしながら進みます。以上です(笑)それだと少々味気ないので腕を振りながらスキップしてみたり、ジャンプする高さを変えてみたりして飽きないようにやっていくとよいと思います。
スキップをしながら頭の上で手をたたきます。これは結構有名な動作ではないでしょうか。管理人がテレビでブラジル体操をみると大概この動作のところだったりするイメージがあります。手をたたくときにも上に伸びることを意識しながらやると効果的かもしれません。

 

◆ ステップ

スキップしながら頭の上で手をたたくウォームアップの応用とも言われている運動ですが、一歩目を踏み出すときにおしりの後ろあたりで手をたたきます、そしてその次の2歩目を踏み出すときに頭の上で手をたたく動作になります。
手の動きは上の動きと同じ動作になりますが踏み出す足を高く上げてステップする方法もあるようです。足をあげるというよりは膝を上げるというほうがイメージしやすいかもしれません。
ステップしながらももを高く上げます。その時に内ももを体の正面に回しいれるようにするウォームアップ方法だそうです。
上記のステップの動作と似ていますが、今度はあげた足を外側に回すようにステップしてみましょう。どちらも同じ回数するのがよいと思います。

上記でご紹介したのはブラジル体操と呼ばれるウォームアップのほんの一例です。他にも色々な動作があるようなので、詳細を知りたい方は調べてみるといいでしょう。また、結構独特の動作が多いのでなれるまではギクシャクして変な動きになってしまったり(管理人は試しにやってみて笑い者になった経験がございます。)タイミングがとりづらいかもしれませんが、何度か行っているうちにきっと慣れてくると思います。はじめは楽しくやることが大事ですから。文中でも書かせてもらいましたが、集団で行うと必ず調子にのる輩が現れますので、周りをよくみて、充分なスペースを確保してからはじめるのが良いのではないかと思います。

 

 

 

戻る       上へ       

 

 

 

top

check

日本刀・刀剣買取業者おすすめランキング!相場を参考に厳選

2018/6/13 更新

Copyright (C) 2011 GO!フィットネス All Rights Reserved.